スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NEC PC-LL750HS2JB ハードディスク交換修理

Windowsが起動しないとのご依頼です。
データ不要とのことでしたので電源投入後、下記のような画面が表示されました。
S.M.A.R.T. Hard Drive detects Error.




まさしくハードディスクの故障です。
ハードディスク検査ツールで確認。 ハードディスクは Western Digital WD10JPVT-26A1YT0 です。
1TBの大容量ハードディスクです。



かなり状態が悪いですね。これではWindowsが起動しません。
できるだけ、購入時の状態までしてあげたいと思いますのでリカバリ領域の復元を試み、ハードディスクの交換を行ったところ、RAIDの設定画面が?
う~ん、この機種どうやら、ハードディスク以外に約32GB SSDを搭載しており、インテル・スマート・レスポンス・テクノロジーが採用されているようだ。
こいつはちと厄介だ。
さらにハードディスクを交換すると、セキュリティの観点から設定がリセットされるようだ。
まず、RAIDを崩壊し、復元したリカバリ領域からWindowsをリカバリする。
このままでは一応Windowsは起動するがインテル・スマート・レスポンス・テクノロジーは機能しない。
設定ツールをインストール後、高速設定にする。
あとは再起動後、自動的にRAID設定がなされた。なるほど!



これで、SDDは有効化され、キャッシュドライブとして機能し、高速化がはかれた。


[ 2014/06/08 11:12 ] パソコン修理事例 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ecomax2.blog.fc2.com/tb.php/15-bb3ef681






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。