iPhone5水没修理

iPhone5水没によってイヤースピーカーとラウドスピーカーから音が出なくなったから修理して欲しいという依頼。
幸いにも液晶の表示は問題なさそうです。
まずはいつものように分解から始めます。
分解すると下の写真のようになります。さらに各パーツを分解し、洗浄乾燥をかけます。
水没の場合、乾燥時間が必要なので残念ですが1日お預かりとなります。
写真左上より、液晶の背面プレート、バッテリ、ロジックボード。
下段左より、リアケース、イヤースピーカー(○囲みは交換用パーツ)、フロントパネルです。
乾燥も終え、イヤースピーカーを交換し電源投入すると・・・
問題なく、リンゴマークが表示され、イヤースピーカー、ラウドスピーカーいずれも問題なく出力されました!
データも今まで通り保持しておりますのですぐにお使いいただけます。

 

弊社の水没による、洗浄クリーニングは5000円(税別)で、パーツ交換が必要な場合は交換代金が加算されます。

もし、水没してしまったら、まず電源を切る。
よくiPhoneを振る方がいらっしゃいますが振ってしまうと水があちこちに分散して、余計に故障が進展します。
そして大切なのが時間です。水濡れすると一番大切な基盤の腐食が始まります。
1分でも早く対応してあげるのがもっともよいと思います。
今までのケースですと、1日以内だと90%以上の割合で復活しています。
3日を過ぎると修理不能が大半になってしまいます。
とにかく電源を切って速やかにお持込ください。

たまに問題なく動くからと言って、そのまま使い続ける方がいらっしゃますが、数日後に起動しなくなることがよくあります。
そうなってしまうと手遅れの場合が多く障害が出る前に内部洗浄をおすすめしています。

まとめてみましょう。

【もしiPhoneを水没してしまったら・・・・】
①すぐに電源を切る!
 ホームボタンで電源が入っているか確認し、入っていればすぐに切ってください。入ってなければ電源ボタンを押さないで下さい。再投入は厳禁です!自爆することがあります。
②外部の水分をとる! 
 外部についた水分をタオルなどで拭き取って下さい。
③すぐにお持込下さい!
 当日でしたらほとんどの割合で復活しております。日数が経ってしまうと内部腐食が進行し、復活が困難になります。
 【高岡本店】年中無休 0766-73-6745 【富山店】水曜日定休 076-464-3412  きっとすぐに対応してくれます!

【やってはいけないこと】
①iPhoneを振る。  
  
水没後、振ってしまうと水分が内部で拡散され、事態は悪化します。
②ドライヤーで乾かす。 

 お気持ちはわかりますが、内部まで乾燥できないので内部腐食が進行します。
③使い続ける。 
   ほとんど場合、水没によってダメージを受けております。数日後に起動しないなどのトラブルが多くありますので水没後は分解洗浄は必須と言えるでしょう。 後日、起動しなくなったiPhoneの復活は極めて困難になります。
④充電する。
 充電すると、電源投入と同じような状態となります。電源入るかなあ・・・という心配はよ~くわかりますが、自爆することがありますので充電も厳禁です。
 

[ 2014/06/05 19:52 ] iPhone修理事例 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ecomax2.blog.fc2.com/tb.php/13-0f11fb50